物流事業

シーアール物流では、多面的な角度から様々な形式での物流ソリューションをご提案し、

社是「相互共栄」の理念に基づき、「最適な物流サービス」の提供を行っております。

お客様のニーズが多様化する中、物流アライアンスによるサービスの品質が問われる昨今、

岡山という地の利を活かし、当社が最大効率化の追求への助力となれば幸いです。

SCMにおける3PL

シーアール物流の3PLは、CR-Logisの5本柱の考え方で、

お客様の物流を「更なる最適化」に向けてステップアップ

 

一般的に、3PL(サードパーティー・ロジスティクス)とは、1990年代初めに欧米から流入してきた物流・ロジスティクス領域の新サービスであり、日本では「荷主に対してロジスティクス改革を提案し、包括的にロジスティクスサービスを受託する業務である」と定義されています。

総合物流施策大綱 1997年より

シーアール物流では、「荷主様との直接契約」「中長期物流計画」「複数業務の包括的受託」などの諸条件を満たす物流業務を3PLとし、サプライチェーン領域で発生する輸送、梱包、保管、荷役、情報管理などの業務を、お客様に代わり受託・運用しています。

 

サプライチェーンにおける物流の役割

3PLを提供する同業他社との差別化ポイントは、CR-Logisの考え方における「分析」「提案」「情報」「開発」「運営」の5本柱による、トータルコストと品質の最適化。

お客様の求める「ロジスティクスのあるべき姿」の実現に向けて、データ分析による物流改善のご提案(コンサルティング)、日々の効率的な物流オペレーションに欠かすことの出来ない情報システムの開発・運用、物流センターなどインフラの開発・提供、改善活動などを通じて培われたローコストオペレーションの提供によって、あらゆる業種業態のお客様に、きっとご満足いただける3PLによる物流サービスを展開いたしております。