SDGsへの取り組みactivity of SDGs

SDGsへの取り組み

持続可能な開発目標(SDGs)について

2015年に国連で採択された持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)は、豊かで活力ある未来をつくるために17の目標を定め、2030年までの達成を目指す世界規模の取り組みです。

シーアールグループも経営理念「物流で事業を通じ社会に貢献する幸せの総和」の下、世界中の人々が幸せに暮らす社会の実現を目指し、「次世代育成」「高齢化社会への対応」「健康促進」「自己成長支援」「地域企業提携」「災害対策・復興支援」などを掲げ、これらのテーマをグループ企業と共に推進し、社会課題の解決に取り組んでいます。

シーアール物流の取り組み

SDGs
SDGs
SDGs
SDGs
SDGs
SDGs
SDGs
SDGs
SDGs

健康と福祉

SDGs
福祉に特化したタクシー事業で、福利厚生の充実に貢献
2019年11月に、平和タクシーコーポレーションが新しくシーアールグループの仲間になり、タクシー事業がスタートしました。
平和タクシーは車椅子に乗ったまま乗車できる「介護タクシー」では県下最大の規模を誇り、買い物代行などの支援事業や、ドライバー派遣など、少子高齢化社会の新しいニーズに応えるサービスを提供しています。このような「介護タクシー」「アテンドタクシー」など、福祉に特化したタクシー事業で、社員や地域の皆様の健康と安心を支えていきます。

ジェンダー・平等

SDGs
女性の経営参画促進(CRアカデミーによる女性キャリアデザインセミナーの開催など)
性的指向・性自認に関わらず働きやすい職場づくりを委員会活動で取り組んでいます。人財のダイバーシティ(多様性)&インクルージョン(包括)の推進を行う各種制度・取り組みを通じて、多彩な個性と能力をもつ人財が集まり、活躍できる企業グループを目指しています。

働きがいと経済成長

SDGs
システム物流の提供
物流現場の状況をリアルタイムで可視化、スピーディーな改善につなげることによる生産性の向上を図ります。
物流オペレーション能力
コマースの発達、最適物流の発達に伴い急増する物流倉庫・運送・配達現場における更なる効率化・省人化を担います。
先進の輸送サービスやICTによる物流ソリューションを軸に、業界の新たなビジネスモデルやサービスに取り組んでいます。グループ創立50年で培ったノウハウとロボティクス技術により、消費者ニーズの多様化や高度化、労働力不足などの課題に直面するお客様のモノをつくり・運び・提供するプロセスに対し、物流の側面から革新提案し、お客様業務の生産性向上と継続的な価値の創出を目指しています。

不平等をなくそう

SDGs
社内組織「働きやす環境づくり委員会」では、人財の多様性を包括する組織であるために、働きやす環境づくりの構築に取り組んでいます。育児と仕事の両立支援として、県内ではいち早く企業主導型保育事業「ちるりら保育園」を設置するなど、従業員の声を積極的に集め、組織・職場環境改善を行っています。
人財育成を目的とした「HRM委員会」では、コミュニケーションを重視した評価制度の導入による適正な人事評価の構築を行っています。また、求める人物像に向けて「成長を育み・補う」をコンセプトにした教育制度「CRアカデミー」もスタート。評価に基づいたカリキュラムと、目的に応じた社外講師、社内外セミナー、映像・Eラーニング(300タイトル以上)を提供しています。

住み続けられるまちづくり

SDGs
社会課題の解決と、地域全体の価値向上に向けて、パートナー企業、自治体、学校、住民の皆様と共に成長するまちづくりに取り組んでいます。企業主導型保育事業「ちるりら保育園」、CRウェルビーイングプロジェクトによる健康増進に向けた「CRウェルネス」、疾患やけが、高齢化や障がいによって低下した身体機能を改善、もしくは維持に向けた治療を行う「CRリハビリセンター」、移動困難者に向けて専門のアテンドサービスを提供する「介護福祉タクシー」サービスなど、地元岡山の方々との共生する企業、地域に根差した組織としての事業を展開しています。

気候変動への具体的な対策

SDGs
トラック車両では、クールハイブリット車を地域でも先んじて導入しました。自社ノベルティについても、国産素材の利用を促すなど、環境保全においては積み重ねを継続するサスティナブル戦略を基に取り組んでおります。
また、BCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)として、万一の災害に備え、本社社内だけでなく、堅牢な社外データセンターを岡山県内と関東の他県にバックアップとしてを設けるなど、現状に満足しないリスク管理を推進しております。

パートナーシップで目標を達成

SDGs
EH(Employee Happiness:従業員幸福度)の追求として取り組む、「ちるりら保育園」、「CRアカデミー」、「CRウェルネス」、「CRリハビリセンター」、「コミュニティーセンター」、「介護福祉タクシー」などは、社内だけで完結するものではなく、専門とする地元企業様に各種パートナーとしてご賛同・ご協力いただくことで、運営しています。地域貢献型インフラ事業として、企業内のみでの利用に限らず、従業員のご家族の方はもとより、地元の方にも広く活用いただいています。